よくある質問のページです。神奈川県相模原市、はるいろ鍼灸院

実績地域No.1の鍼灸院!
実感・満足度90%以上!
お気軽にお問い合わせください!
042-814-5164
営業時間…10:00~20:00(最終受付19:00)
休診日…金曜・日曜
よくある質問
痛くないですか?

初めての鍼灸は緊張しますよね。でもご安心ください!
当院の鍼灸で使う鍼は日本製のとても繊細な鍼で、髪の毛ほどの細さなので痛みはほとんどありません。
鍼を刺すときに少しチクっとする場合がありますが、痛みがあるまま治療を続けることはありません。
鍼の治療効果でもありますが、もし重だるくなったり痛みが残ったり、違和感が少しでもあれば我慢せずにお伝えください。すぐに対処いたします。
私もお加減をお伺いしながら治療しますので、どうぞご安心ください。

鍼はなぜ効くのですか?

鍼灸による様々な反応を実証させた科学的な内容は以下になります。

  1. 1. 鎮痛効果

    脳内のモルヒネ様物質の分泌を促すことにより、この物質が痛みを抑え、痛みを脳に伝える神経経路をブロック。
    脳と脊髄からの痛み抑制のダブルブロックで、痛みを緩和します。

  2. 2. 血行・新陳代謝促進

    血管を拡張させ、新陳代謝を促進することにより、冷えや硬くなった筋肉などを改善、組織を再生させる力を促します。その結果痛みの原因となる老廃物を流してくれます。

  3. 3. 免疫機能が高まる

    白血球・リンパ球・副腎皮質ホルモンの増加・分泌を促すことにより、生体防御機能が高まり、身体全体の免疫機能を活性化させる働きがあり、病気の予防効果に繋がります。

  4. 4. 自律神経の調整

    痛みに対する効果だけでなく、自律神経が支配する胃腸などの内臓や血圧などにも作用して、機能を調整しバランスを整えてくれます。
    免疫系や内分泌系への効果も期待されて、より幅広い効果が期待されています。

  5. 5. 抗ヒスタミン作用

    アレルギーによる喘息や皮膚炎などを抑える作用があります。
    アレルギー症状を引き起こす化学伝達物質であるヒスタミンの働きを受容体への結合を阻害するという形で抑制し、アレルギー症状を抑制する作用があるので、体質改善に繋がります。

  6. 6. リラックス効果

    精神安定物質であるセロトニン、オキシトシンの分泌促進効果があり、睡眠の質を上げ、気持ちを穏やかに導きます。

などがあげられます。
鍼灸をはじめとする東洋医学は、痛みを取るだけではなく、体質を見直し、人に本来備わっている「自然治癒力」「抵抗力」のレベルを高め、自分の力で自分を治すことが出来る身体づくりをしていく、身体にとても優しい治療です。

鍼の衛生面について教えてください。

当院では基本的に全て一回のみ使用して廃棄するディスポーザル(使い捨て)の鍼を使用していますので、血液を介しての感染の心配はございません。
鍼は全て消毒済みで、一本ごとに包装されており、施術時に開封して使用するので衛生的です。
ご安心ください。

どんな服装で行けばいいですか?何か事前に準備することはありますか?

普段着で来ていただいて大丈夫です!
治療の際は、女性の方は上下の下着のみもしくは楽な服装に着替えていただきます。
タオルケットをかけ、治療する部位のみを出して行います。
こちらでもご用意しておりますが、Tシャツ・短パンなどを用意して頂けると助かります。
男性の方にはハーフパンツをご用意しております。

気になる箇所だけお願いすることもできますか?
辛い部分だけに、治療してほしいのですが? 

当院の鍼灸治療は、脈診流経絡治療とYNSAを主に行なっており、それはあくまでも、全身の調整が大切であるとの考えがあります。
その為、その部分だけ、ということはしておりません。
辛い部分のみに治療をしても、その時は「やってもらった」という充実感と刺激により、一時的に緩和しますが、根本的な解決にはなっておりません。

症状の出ているところと、原因である治すべき部位は別のところにあることが多いので、関係のないようなところにも鍼灸を致します。
もちろん、患部の近くに、状態を整える為の有効なツボや筋肉がある場合、症状の近くにもしっかりと鍼灸をいたします。

病名や症状にとらわれなく治療をしますので、病院の検査を受けても特に異常がないが、それでも身体に不調のがある方にもおすすめです。
当院の治療の特徴は、「病気を治す」というより「病気を克服する身体に導く」治療と思ってください。

妊娠中ですが施術を受けることは可能ですか?

妊娠初期から出産直後まで、いつでもお受けいただけます。
鍼灸などにおける母体や胎児への副作用はないので、基本的には予定日を過ぎても治療をすることに問題はありません。
妊娠初期はつわりの緩和、中期には腰痛やむくみ、便秘、こむら返りなどの改善、出産前後は陣痛促進やリラックス効果、体調管理に効果があり、安心してご利用いただけます。
施術前に妊娠されていることをお伝えください。赤ちゃんもきっとお母さんがリラックスすることで、とても喜ぶと思います!

産後の骨盤が気になるのですが、産後どれくらいから診て頂けますか?

鍼灸院の立場から、明確な答えをいうのは少し難しい面があるのですが、出来るだけ早い時期が好ましいです。
それにより、子宮の収縮が迅速に行われ、子宮内の不要な血液などを早く排泄することが出来るからです。
あとは、当然腹部のしわの回復も早いです。
母乳の出が悪い場合も、鍼灸の適応範囲です。

自然妊娠の場合には、出産後の1ヶ月検診が終了し、身体に異常や問題がなければ産後ケアを開始しても良いと思われます。
帝王切開を行った場合には、傷口が塞がってからになりますので、産後2ヶ月以上の期間が必要になるでしょう。
いずれにしても、出産後の身体へのダメージには、個人差があります。
本人が想像している以上に、身体に重いダメージを受けていることもあります。

身体が施術を受けられるところまで回復してから、産後ケアをされた方が無難ですので、医師の確認をしっかりとってから、治療を開始されることをオススメしております。

鍼灸は「疳の虫に良い」と聞いたことがあるのですが、子どもは何歳から受けられますか?

生後3週間ほどから受けられます。
泣いてしまっても動き回っても大丈夫!
ママに抱っこしてもらいながらも治療出来ます。
お子さんの安心出来るご自宅の方がよろしければ、お伺いいたします。

お子さんには、刺さない鍼を使用しますので痛みなども無く安心して受ける事ができます。
小さい子供は「気」の巡りが早く、効果も早く実感出来る傾向にあります。

疳の虫は、心と体のアンバランスな成長をうまくコントロールできない為に起こります。
身体の成長よりも心の成長が早く、周りの大人にうまく伝えられないためイライラして”疳の虫”が出ると考えられるので、これは病気ではありません。
鍼灸でバランスを取ってあげることにより、お子さんも親御さんも笑顔になれることをお約束します!

どのくらいの頻度で通えば良いですか?

治療回数・治療頻度は、症状・受診目的等の違いによって異なります。
一般的に、症状が出てから時間が経っているものほど、治療回数が多くなることがあると考えて下さい。

目安として、症状が出てから数日以内のものならば(寝違え・ぎっくり腰など)、短期間に初回~2回の通院で改善が認められる場合が多いです。
慢性的な症状に関しては、1か月程の間、週に1回の受診をお勧めしています。

その後、徐々に通院間隔を空けていきます。
出来るだけ通院の間隔を空けられるように、ご自宅で出来る簡単なセルフケア(ストレッチなど簡単な運動、自分で出来るお灸など)をアドバイス致します。

回数を重ねるごとに効果の持続時間も長くなっていきます。

スポーツをしている方の疲労回復やコンディショニング、特に症状はないけれども、日頃の身体の疲れを取りたい、リラックスしたい、体調が良い状態を保ちたいなど、普段の健康管理、メンテナンスにご利用になる場合は、月に1~2回の受診をお勧めしています。

美容鍼灸に関しては、すぐに効果を実感できる方、翌日以降お顔の明るさやハリ、お化粧のノリ、体調のよさを実感される方など、個人差がございます。
美容鍼灸の特徴は、身体の内と外から健康的に美しくなれることです。
無理なく定期的に施術を受けていただくことでホルモンバランスや自律神経が改善され、理想的な美しさを得られる健康的な身体に変化していくと言われております。

当院では、効果を実感されたならそれを維持できるよう、2~3か月間、7日~10日に1回の受診をお勧めしています。

具体的にどこかが悪いわけではなく「何となく調子が悪い」という感じなのですが、診て頂けますか?

もちろんです。
東洋医学には「未病」と言う言葉があります。
未病とは「なんとなく調子が悪く自覚症状はあるが、検査をしても異常なしで、病気と健康の間の状態」を言います。
そんな心や身体の不調が、病気になる前に治す事を「未病治」と言います。
ぜひ、そのような状態のことを、お聞かせください。
あなたの「なんとなく」がスッキリするはずです!

通院中・投薬中ですが、鍼灸を受けても大丈夫でしょうか?

病院で治療を受けられたり、お薬を飲んでいる場合でも、基本的には、施術を受けていただいて問題ありません。
病気や飲んでいるお薬がある場合、ご面倒ですが、施術の前にお知らせいただけますと大変ありがたいです。
私からも施術前の問診時に、薬や病気をお尋ねして、病気やお薬の影響に配慮した施術をさせていただきます。
お薬手帳をご持参される方もいらっしゃいます。

ご不明な点は担当医師にご相談ください。
また、施術を受けたからといって、病院で出されていたお薬を自己判断で急に止めてしまうことは避けて下さい。
特に、鍼灸治療においては、投薬と鍼灸との併用でより高い治療効果を望める場合もございます。

本気で痛みを改善させたいなら、
今すぐお電話を!
営業時間…10:00~20:00(最終受付19:00)
休診日…金曜・日曜
LINE
友達追加で簡単予約!

はるいろ鍼灸院ではLINE予約がご利用いただけます。

友達追加後、当院に希望時間を送信してください。
また、トーク機能を利用してのお問合せやご質問にもお答えいたしますのでお気軽にご連絡ください。