めまいを改善されたい方へ|神奈川県相模原市、はるいろ鍼灸院

実績地域No.1の鍼灸院!
実感・満足度90%以上!
お気軽にお問い合わせください!
042-814-5164
営業時間…10:00~20:00(最終受付19:00)
休診日…金曜・日曜
院長コラム

めまいを改善されたい方へ

めまいとは

めまいは目が回るようなくらくらとした感覚の総称であり、眩暈・目眩・眩冒などと書きます。

めまいの種類としてはおおまかに、

・ぐるぐる(回転性めまい)
・ふわふわ(浮動性めまい)
・目の前が暗くなる(眼前暗黒感)

などがあり、
細かく分けると、

・目がかすみ目の前が暗くなる
・ぐるぐる物が回ってみえたり、物が揺れ動いて見える
・頭がくらくらする

など、単にめまいと言われたとき、人によって表現症状の表現の仕方も様々です。

またどんなときに起こるかも違いがあります。

・一日中
・頭を動かしたとき(寝返り、起きあがるとき、立ち上がるとき)

いろいろなめまいがあり、めまいが続き原因が分からないことにより不安な気持ちから、めまいがさらに悪化するという悪循環になることもあります。
必要な検査を受け、そのめまいの原因が何かを確認すること、あるいははっきりとした原因が特定されなくても、そのめまいが命に関わるような重大な症状ではないことを確認することも重要です。

 

原因

めまいの原因はさまざまで、内耳の病気から自律神経の異常、脳腫瘍や脳出血・脳梗塞まで多彩です。
はっきりとした原因が分からないめまいも多く、このようなめまいの原因としては寝不足やストレス、自律神経の乱れなどが挙げられます。

《回転性めまい》
・自分がグルグル回る感じ、あるいは周囲がグルグルまわる感じ。
・物が左右や上下に流れるように感じることもある。

<めまいに伴う症状>
・音が聞こえづらい(難聴)
・耳がつまった感じ
・耳鳴りがする など

<特徴>
急に発症し、吐き気・嘔吐、耳が聞こえづらくなる(難聴)などの症状を伴うことがあります。
回転性めまいの多くは、耳の異常が原因で起こります。
放っておくと、難聴になる恐れもあり、また、脳出血や脳梗塞といった脳の異常でも回転性めまいが起こることがあります。

<代表的な疾患>
・良性発作性頭位めまい症(BPPV)
・メニエル病
・前庭神経炎
・外リンパ瘻
・中耳炎
・突発性難聴

《浮動性めまい》

・からだがフワフワした感じでふらつく
・まっすぐ歩けない
・姿勢を保つのが難しい

<めまいに伴う症状>
・頭痛
・顔面や手足のしびれ
・運動まひ など

<特徴>
急に、あるいは徐々に症状があらわれ、フワフワ揺れる感じと、頭痛やしびれ、運動まひなどの神経に関係する症状を伴うことがあります。浮動性めまいの多くは、脳の異常が原因で起こります。

<代表的な疾患>
・脳梗塞・脳出血
・椎骨脳底動脈循環不全
・聴神経腫瘍

《立ちくらみのようなめまい》

<めまいの症状>
・立ち上がるとクラッとする
・時に目の前が暗くなる
・失神を伴う

<特徴>
立ち上がるとクラッとしたり、目の前が暗くなったりするめまいは、血圧の変動に関係する全身性の病気が原因として考えられます。

<代表的な疾患>
・高血圧
・起立性低血圧
・不整脈
・糖尿病
・貧血
・心因性めまい

当院でのめまいの治療法

西洋医学的治療では、残念ながらすっきりとめまいが治らない場合があり、薬を服用したり様々な検査をしても治らない方が当院に来られることが多いです。

必ず何かしらめまいが起きたきっかけ、原因はあるはずですが、検査をしても探ってもわからない場合も多くあります。

肩こりによる血液循環の悪さや首の筋肉に伴うめまい、自律神経のアンバランスによって起こるめまいなど、原因によっては薬の服用より鍼灸の治療のほうが効果的なこともございます。

そうした循環の悪さはお身体のどこの部分にあるか?自律神経の乱れはあるのか?
生活スタイルは?
ストレスのかかる状況はあったか?
など、細かにお話を伺いながら、丁寧にお身体の緊張や冷えなどを探ります。

また、東洋医学では、めまいは、肝の不調、異常な水分の貯留、気や血の不足、腎の不調の4つの原因により、脳にいく血や気などの過不足がおきるためと考えられています。
(ここで言う臓器や血などは、東洋医学でのものです。 通常の臓器とは異なります)

それぞれの原因によるめまいには特徴があり、
・肝の不調によるめまい
ストレスや過度の不安などの精神的な要因で悪化し、イライラ、不眠といった症状をともなうことが多く、頭がふらつくようなめまいを感じる方が多い

・異常な水分の貯留によるめまい
普段から頭が重だるく感じたりボーっとしたり、手足に汗をかきやすい、身体が重いなどの症状が伴う。
曇りや雨の日、湿度の高い環境で悪化しやすく、ぐるぐると回るめまいの方が多い。

・気や血の不足によるめまい
肉体疲労や精神疲労によって悪化し、体を休めると軽くなるのが特徴で、普段から倦怠感や脱力感、息切れ、顔色が悪く爪の色も薄い、動悸がするなどの症状が伴う。

・腎の不調によるめまい
頭がふらつく、足腰の力が入らない、腰や膝のはっきりとしない痛み、物忘れが多くなる、耳が聞こえ難くなる、耳鳴りがするなどの症状を伴い、比較的ご高齢の方に多い。

これら東洋医学的な見方もふまえ、それぞれ必要なツボを選択し、一人ひとりの身体の状態に合わせて、治療を行います。
また、めまいそのものの原因となったり、悪化の原因である自律神経の調整に鍼灸はとても役立ちます。

不安や心配やストレスで交感神経ばかりが興奮している状態を、副交感神経優位にすることによって鎮静させ、血行が改善し、脳に充分な血流が届くようになり、副交感神経優位にすることによって鎮静させ、緊張を解きほぐしていきます。
これにより、めまいが改善されます。

めまいの原因が様々であるように、その方それぞれに合った、オーダーメイド治療のツボの選択、筋肉のアプローチをいたします。

どんな症状も、症状が出たということは、病に至るまでの過程があり、土壌があったということですので、症状をとることだけに留まらず、全身の健康状態そのもの、さらには心身の健康に至るまで改善していくのが鍼灸治療の特徴であり、良さでもあります。

 

めまいの治療例・患者さんの声

①50代 女性 管理職 既往歴なし
【来院されるまでの症状】
仕事が多忙で残業が多くなっていた数週間後、突然ふわふわと地面が歪むような立っていられないようなめまいを生じ、耳鼻科で検査を受けたが特に異常なし。
抗不安薬や血流を促す循環改善薬を服用したが変化なし。
同僚の紹介で来院されました。

倦怠感や頭痛を伴うこともあり、気温差、気圧の変化でも悪化する。

残業が続くと睡眠時間が4時間ほどになることもあり、また、受験を控えた娘がいたこともあり、職場でも家でもストレスが多かったことにより、疲労が蓄積されていたことを自覚されていました。

背中の筋緊張と耳後ろ、後頭部の筋緊張が多く、それらをじゅうぶんにじっくりとほくずとともに、頭のスッキリ感を出せるようにも治療を進めました。
頭痛は主に後頭部、目の疲れからもくることが多いようでしたので、眼精疲労も改善するように鍼、灸ともに対処しました。

初診時はとても顔色が青白く、疲れから目の力もなかったですが、治療の終わる頃には顔色が良くなり、「目が開けやすい!視界が広がる!立つのが怖くない!」とおっしゃっていただきました。

この方にとっては睡眠時間がとても重要であることがわかり、睡眠時間確保に何が出来るかをご一緒に考えました。
なるべく6時間は睡眠をとれるようにすることが目標でしたが、それが出来なくても、残業が続くときにはなるべく昼休みに少しでも目を瞑ること、首後ろを温めること、適度な運動をすることなどでも、血流が滞らず、ストレスも緩和出来るので、そうした工夫をしつつ、2週間に一度の治療でメンテナンスをされていますが、今ではめまいは滅多に起きていません。

原因と対処、早めの対応、疲れをためすぎないことで、めまいは防げ、変われます。
より軽やかに生き生きと過ごせるようになった、とさらにお仕事に母親業にと、頑張っていらっしゃいます。

②30代 女性 事務職 
既往歴 突発性難聴
【来院されるまでの症状】
2年前に突発性難聴を発症。
耳の聴こえづらさや閉塞感はなくなっているが、時々回るようなめまいが起こる。
身体がとても重く感じ、特に梅雨の時期や寒さによりめまいがひどくなる。
転職を考えているので、そろそろもうめまが起こらないようにしたいと思い来院されました。

突発性難聴発症時もめまいはあり、循環改善薬を服用していたが最近もまためまいがあるので服用している。
あまり効かない気がするので薬はもう飲みたくないとのこと。

転職活動による環境の変化、ストレスや疲れも首肩こりを起こし、身体の緊張を作っているように見受けられました。

首肩こりと手足の冷えがあり、筋緊張が強まると身体の重だるさを感じるようなので、全身の緊張を取るように施術を行ない、施術後には、冷えていた足先もポカポカになるほど、全身の緊張が取れて、温まりました。

自宅でのセルフケアと、冷え対策のアドバイスをお伝えし、1週間おきの治療を3回、その後3週間おいて治療をして、現在は転職後の新しい職場の忙しさから1ヶ月に1度の治療になっていますが、めまいは起こらず、起こりそうになってもご自分でも対処出来るようになってきております。
「薬に頼らず、自分のストレスや循環の悪くなっている様子をわかるようになって対処出来るのが嬉しい!
対処出来そうにない時は綾子先生のところでしっかりほぐしてもらえるので安心出来る!」とのお声をいただきました。

③30代 男性 看護師
既往歴 特になし
不規則な仕事から、睡眠の質の悪さが原因ではないかとのことでしたが、頭を動かした時、立ち上がる時などにめまいが起こるようになり、来院されました。

めまいが起きてから2ヶ月経っていましたが、まためまいが起こるのではないか?という不安感も起こるようになり、それでも抗不安薬などは使いたくないという思いで、必死で仕事をすることに専念していたところ、更に疲れが増してしまうという悪循環に陥ってしまっていました。

背中の張りがひどく、睡眠をしっかりととれていないことで更に身体が硬く緊張状態が続いているようでした。

全身の筋緊張を取ると共に、ずっと交感神経優位になっている状態を副交感神経優位のリラックスの状態に持っていくよう治療し、週1回の治療を1ヶ月続けると、睡眠の質が良くなり、筋緊張も取れやすくなってきました。
めまいは今では起こっておらず、不安感もないとのことです。
ずっとイライラしているような強張った表情も、今ではすっかり柔らかな優しい表情になっています。
「知らずのうちに疲れやストレスがたまっていて、自分ではどうすることも出来なかった。鍼に来て良かった」とのお声をいただき、職場の同僚の方やご家族をご紹介くださり、皆さんで当院をご利用いただいております。

治療回数の目安

めまいは先程記述したように、症状や状態、既往歴が人それぞれです。
どれくらいで必ず治りますとはお伝え出来ませんが、臨床の記録から4回ほどの治療で症状が治まっています。
気温差、季節の変わり目、ストレス、疲労度などで、まためまいがぶり返すこともあります。
それでも、一度治療すると、それは起こりづらくなり、更に改善しやすくなります。

 

­※治療回数はあくまで目安で、同じ回数だとしても、週に1度治療に来られる方と、2週間空いてしまう方ともまた経過は違いますし、その間の仕事の状況やセルフケアの仕方などでも変わります。
まずは1回治療して、お身体の反応がどのように出るかを診させていただき、週に1度程度の治療が丁度良く経過も早いです。
初回緩められた筋肉が元に戻ってしまう前にまた治療することにより、悪化も防げますし、【お身体が変わるんだ】ということを経験していただくことにより、希望に繋がります。
もう治らないかもしれない、という気持ちも、その希望から経過も変わっていくのです。

身体が少しでも前と同じように動くことは、気持ちも大きく前向きにします。

どうぞお手伝いさせてください!

まずはめまいを発症させた日常生活を見直しましょう!

これは東洋医学に限らず、西洋医学の医師も同じ考えのことが多いです。

【日常生活で気をつけること】

○規則正しい食事
栄養が不足すると低血糖になりやすくなるほか、血行不良も起こり、めまいが起こりやすくなります。栄養バランスのとれた食事を、規則正しくとりましょう。

○お酒は控えめに
アルコールは脳の機能を低下させるので、めまいが悪化することがあります。

○コーヒーは控えめに
コーヒーを飲み過ぎると、カフェインの作用によって興奮したり、眠りが浅くなったり、不眠になったりしてめまいの原因になることがあります。
一杯程度を楽しんで飲むようにしましょう。

○タバコは控えめに
ニコチンは血管を収縮させ、血行を悪くするため、めまいが起こりやすくなります。 可能な限り、禁煙をおすすめします。

○充分な睡眠をとる
睡眠不足によってめまいが起こりやすくなります。
出来るだけ同じ時間に寝て、同じ時間に起きるようにして、生活のリズムを整えることでめまいを防ぐことができます。

○ストレスをためない
ストレスの原因となっていることを取り除くか減らす工夫が必要です。
また、適度な運動や趣味などで気分転換をし、ストレスを上手に発散してください。

以上の生活改善をご一緒に考えていきがら、鍼灸治療を進めていきましょう!

 

本気で痛みを改善させたいなら、
今すぐお電話を!
営業時間…10:00~20:00(最終受付19:00)
休診日…金曜・日曜
LINE
友達追加で簡単予約!

はるいろ鍼灸院ではLINE予約がご利用いただけます。

友達追加後、当院に希望時間を送信してください。
また、トーク機能を利用してのお問合せやご質問にもお答えいたしますのでお気軽にご連絡ください。